米倉涼子がぴったんこカンカンでスペイン語?勉強法や理由は?弁護士役の新ドラマ?

こんにちは!

管理人のフィーです!

今回は米倉涼子さんが「ぴったんこカンカン」に出演されるそうです!

番組では2か月でスペイン語がペラペラになった勉強法やスペイン語を勉強する理由を語るそうです!

また、2018年10月からは弁護士役で新ドラマがやるそうなので調べてみました!

スポンサードリンク

米倉涼子がぴったんこカンカンでスペイン語の勉強法を語る?

名前

米倉涼子(よねくらりょうこ)

生年月日(年齢)

1975年8月1日(42歳)

身長

168㎝

米倉涼子さんは身長が168㎝もあるのが意外でした!

もう少し小さいイメージがありました!

しかも高校生の時から芸能界デビューはしており、雑誌などのモデルをしていたそうです!

1999年から女優宣言をしていたそうです!

かなりお若いころからドラマやモデルとして芸能界で活躍されていたのですね!

そんな米倉涼子さんがぴったんこカンカンでは2か月でペラペラになったスペイン語を勉強する方法を語るそうなのですが…

スペイン語に限らず、語学が簡単に身につくものなのでしょうか?

気になったので調べてみました!

スペイン語とはまずどんな言語なのでしょうか?

スペイン語はなんと…

21か国で公用語とされている4億人以上が話すことのできる言語のようです!

意外とメジャーな言語なんですね!

そんなスペイン語は難しいのでしょうか?

結論だけ言うと、そんなに難しくないようです!

英語と違い、日本人が発音しにくい「th」や「L」と「R」の発音の違いなどの複雑なものがないそうです!

そのままローマ字読みをすればいいものが多いそうです!

簡単そうな気がしますね!

しかし米倉涼子さんは忙しい方なのにも関わらず、たった2か月でペラペラになるというのはやはり、本人の努力が相当なものだったのでしょう!

忙しい米倉涼子さんなので、隙間時間に発音やリスニングをやっているのでしょう!

言語なので、文法などを意識した勉強よりは、リスニングや実践中心の勉強方法のほうが効率的なような気がしますね!

スポンサードリンク

米倉涼子がスペイン語を学ぶ理由は?

そんな米倉涼子さんがスペイン語を学ぶ理由は一体どんなものなのでしょうか?

実は米倉涼子さんは「アルゼンチンタンゴ」というものを昨年から学んでいるそうで、スペインに渡航するためにスペイン語を学んでいたそうです!

アルゼンチンタンゴとは一体何なんでしょうか?

そもそもタンゴとは四分音符と八分音符で構成されたリズムパターンだったものが、時代とともに様々なパターンが取り込まれてジャンル化した踊りのことです!

そのタンゴがアルゼンチンのブエノスアイレス周辺で生まれたものをアルゼンチンタンゴというそうです!

米倉涼子さんは実は5歳から15年間もの間、クラシックバレエを続けていたこともあるのでダンスなどには縁のある方なようです!

スペイン語を学ぶにもやはり、目標や目的は重要なようですね!

米倉涼子の新ドラマが弁護士役?

そんな米倉涼子さんが2018年の10月から新ドラマで弁護士役をするそうなので、気になったので調べてみました!

2017年には「ドクターX」シリーズが第5シリーズまで終えました!

そこで今回のドラマはドクターXとは全く関係ない作品のようです!

しかも今までは強気なキャラクター(大門未知子役)だったのですが、今回のドラマは弁護士事務所をクビになってしまった庶民的な弁護士役だそうです!

米倉涼子さん演じる弁護士は、刑事は取り扱わず個人事務所で仲間とともに民事を担当するそうです!

また、変わった米倉涼子さんが見られそうなので楽しみですね!

米倉涼子のぴったんこカンカンまとめ

今回は米倉涼子さんがぴったんこカンカンでスペイン語の勉強法や学ぶ理由を話すそうなので、記載しました!

また、新作ドラマの情報についても記載しました!

  • 米倉涼子さんのスペイン語の勉強方法はリスニングや発音という実践で使える勉強方法をしている可能性が高い!
  • 米倉涼子さんがスペイン語を学ばれている理由は「アルゼンチンタンゴ」のためにスペインに渡航するため!
  • 米倉涼子さんの新作ドラマは庶民派の弁護士役!

以上が今回のまとめになります!

ぴったんこカンカンがとても楽しみですね!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする