アメリカユタ州図書館立てこもり事件の犯人グリフォードリンディーパーの動機は?

こんにちは!

管理人のフィーです!

本日放送される「奇跡体験アンビリバボー」で紹介されるアメリカユタ州の図書館立てこもり事件(ソルトレイクシティ図書館人質事件)について、放送されるそうです!

その事件の犯人であるグリフォードリンディーパーとは一体どんな人物なのでしょうか?

また、その事件の動機も気になったので調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

アメリカユタ州の図書館立てこもり事件とは?

まず、事件の概要からですがこの事件は1994年3月に起きました!

アメリカのユタ州にある公立図書館で女性職員(グウェンページさん)が館内を歩いていました。

すると、突然銃を持った男が館内で暴れだしたそうです!

その場にいた16人を人質にして立てこもったことから事件になっています!(内7人は脱出したので、9人の人質)

この男の名前がグリフォードリンディーパーと言います!

そしてこのディーパーは爆弾を所持しており、警察との交渉を一切拒否していました!

警察官のロイド・プレスコットも5時間かけて説得したそうです!

現場の人質の中には糖尿病で、インシュリン注射を打たないといけない人もいたので焦ったはずです!

結果として、犯人は亡くなっています!

理由はロイドさんによる射殺だそうです!

スポンサードリンク

犯人のグリフォードリンディーパーの要求や動機とは

この事件の犯人であるグリフォードリンディーパーの要求は何だったのでしょうか?

そもそも、この男は元アメリカ軍人だったそうで、犯行動機は借金返済のためだったようです!

どのような理由で借金をしたのかはわかりませんが、お金の力は恐ろしいものがありますね!

続いて、彼の警察に対する要求ですが全部で3つあります!

それは…

  • ジェット機
  • 金の塊
  • ビル・クリントンからの恩赦

が欲しかったようです!

ビル・クリントンは当時のアメリカ大統領ですね!

ジェット機は海外逃亡でも考えていたのでしょう!

まとめ

今回はメリカユタ州の図書館立てこもり事件(ソルトレイクシティ図書館人質事件)について犯人のグリフォードリンディーパーの動機をメインにまとめてみました!

  • 動機は借金返済のため
  • 警察に要求したものはジェット機、金の塊、ビル・クリントン(当時の大統領)の恩赦

以上が今回のまとめになります!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする