トランプ大統領の弁護士チャールズ・ハーダーとは?脱税や詐欺は誤解?

こんにちは!

管理人のフィーです!

今、トランプ大統領が危機的な状況にありますよね!

その理由はトランプ大統領が両親の脱税を手助けしたうえで、ドナルド家の富を貯めていた疑いがあると考えられます!

そんな中、トランプ大統領の弁護士であるチャールズ・ハーダーという人物だけは脱税や詐欺について完全に否定しています!

一体どんなやり手弁護士なのでしょうか?

スポンサードリンク

トランプ大統領が脱税や詐欺?

まず、事件に関して整理していきたいと思います!

今回のこの事件ですが、トランプ大統領が両親の脱税を手助けしたという報道から始まっています!

そもそもどんな形で脱税が行われたのでしょうか?

アメリカ紙のニューヨークタイムズはトランプ大統領の父の納税申告書を200点ほど入手したらしいのです!

それによると、トランプ大統領は兄弟と共に偽の企業を設立して、多額の資金を両親からのプレゼントとして受け取っていた可能性があることが判明したそうです!

そもそも、トランプ大統領のお父さんの納税申告書をなぜニューヨークタイムズが入手できたのかなどの疑問がいくつか浮かび上がります…

もし脱税が事実の場合はトランプ大統領の父親が逮捕されることになるのでしょう!

まぁ、既に亡くなっていますが…

今回の問題は大統領が過去に偽の企業を作ってまで、4億1300万ドルという巨額を受け取っていたということです!

このことが事実の場合は詐欺に当たるはずです!

しかし、トランプ大統領の弁護士チャールズ・ハーダーはそれを当然ながら否定しました!

この弁護士はどんな人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

トランプ大統領の弁護士チャールズ・ハーダーとは?

この弁護士は過去にもニューヨークタイムズと対立していることがわかりました!

その事件は大物映画プロデューサーのハービー・ワインスティーンがセクハラ行為をしたということでニューヨークタイムズに報じられたためにニューヨークタイムズと対立することになったようです!

この事件の結果はハービー・ワインスティーンが逮捕されるところまで来ているのですが、そのことを考えるとこの弁護士の力では今回のトランプ大統領の事件を否定することは難しいのかもしれません!

結果、トランプ大統領の事件が事実でなかった場合でも、ニューヨークタイムズに報じられてイメージダウンになったのは間違いないでしょう!

まとめ

今回はトランプ大統領の脱税と詐欺に関して、弁護士のチャールズ・ハーダーが否定していることからこの弁護士について調べてみました!

  • トランプ大統領は過去に偽の企業を立ち上げて、父の脱税に関与した疑いがある!
  • 弁護士チャールズ・ハーダーはハービー・ワインスティーンの件でも弁護している!

以上が今回のまとめになります!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする