熱中症で死亡は脳のタンパク質の変異?原因や対策は?

こんにちは!

管理人のフィーです!

最近話題になっているのは、熱中症ですよね!

Twitterで熱中症で亡くなる原因は「脳のタンパク質が熱で変質して戻らなくなるから」という投稿が話題になっているようですね!

実際のところはどうなのでしょうか?

その対策も含めて調べてみました!

スポンサードリンク

熱中症での死亡は脳のタンパク質の変異が原因?

全国的に「暑い」という言葉では表現できないくらい生活しにくい今年の夏です!

生活どころか、生命の維持にも関わる暑さですね!

こんな夏に怖いのは毎年のようにある「熱中症」ですね!

その熱中症が「脳のタンパク質が熱で変質して戻らなくなることが原因」で亡くなっているということがTwitterで話題になっています!

そこで調べてみたところ…

結論としては、ガセ情報だそうです!

では、本当の原因は何なのでしょうか?

主な原因は脱水だそうです!

脱水が原因で、循環障害が起こることによって脳や臓器に行き渡る血液量が減ることなどが理由で熱中症で亡くなるそうです!

つまり、血液の循環が大事なわけですね!

でも一体どう対策すればいいのでしょうか?

正直、水分摂取すればいいことはわかりますが、それを気を付けていても熱中症で搬送されている人が後を絶たない状態ですよね!

なので、対策についても少しまとめてみました!

スポンサードリンク

熱中症の対策は?

そんな恐ろしい熱中症ですが、対策としてよく言われている素人でもわかるのが水分補給です!

しかし、その水分補給もどんなようにしたらいいのでしょうか?

まず、水分と言ってもただの水ではなく塩分の含まれているものであることが重要なようです!

そこでポカリスエットなどが役に立ちそうですね!

なぜ塩分なのかというと、人間の体はナトリウムが不足すると筋肉や臓器が痙攣を起こして最悪の場合死に至ることもあるそうなので、塩分が重要だそうです!

他にも外での作業中に尿意がない人などは脱水の可能性が高いので要注意です!

適度に休みながら、塩分と水分をこまめに摂ることが重要なようです!

熱中症のまとめ

今回は熱中症での死因が「脳のタンパク質が熱で変質して戻らなくなるから」というTwitter情報の真相をまとめてみました!

  • Twitter情報はガセ情報であった!
  • 原因は循環障害などが原因!
  • 対策は休憩と水分と塩分接種!

以上が今回のまとめになります!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする