グーグルプラスが個人情報を漏洩(えい)した理由は?サービス終了による影響

こんにちは!

管理人のフィーです!

今、入った情報によるとあの世界の大手IT企業Googleがサービスの一つである「Google+(グーグルプラス)」を終了することを発表しました!

また、グーグルプラスを終了するだけでなく、実は個人情報を漏洩していた事実も明かしています!

そのサービス終了と個人情報を漏洩したことによる真相と理由をまとめました!

スポンサードリンク

グーグルプラスが個人情報を漏洩(えい)した理由は?

まず、グーグルプラスとはどんなサービスなのかについて説明します!

簡単に言うと、SNS(ソーシャルネットワークサービス)ですね!

要するにTwitterやFacebookと同じ類のものです!

それがなぜ今回サービス終了することになってしまったのでしょうか?

理由を調べた結果…

Google(グーグル)は「グーグルプラスがFacebookのライバルになることすらできなかった」と述べています!

つまり事実上の敗北宣言です!

利用者の数も非常に低迷していたと思われます!

さらにさらに、今回分かった事実としてバグにより最大で50万件のアカウントの個人情報が漏洩したことがわかりました!

IT関係で個人情報漏洩の理由は色々ありますが、バグや組織内部による仕業だったり人為的なものが多いので日本企業も気を付けたいですね!

スポンサードリンク

グーグルプラスが終了することによる影響!

グーグルプラスが終了することによる影響としては、特に大きな問題はなさそうですね!

実際にGoogleは数多くのサービスを展開していますが、他のサービスに対してもそれほど大きな影響はないでしょう!

むしろ運営費などを考えるとサービスを終了させた方が賢明だったと思います!

それに今回明らかになったアカウント情報の漏えいの方が影響としては大きいでしょう!

実際にこれからの対応が気になるところですね!

サービス終了だけで納得しないユーザーが多いのではないでしょうか?

まとめ

グーグルプラスが今回終了することになりました!

その理由と個人情報漏えいの原因についてまとめてみました!

  • グーグルプラスはFacebookなどのSNSに勝てないので終了!
  • グーグルプラスの個人情報漏えいはバグが原因!
  • グーグルプラスが終了することによる影響はほとんどない!

以上が今回のまとめになります!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする