バンクシーの正体(顔)が判明?1億5000万円の絵画崩壊の理由とは?

こんにちは!

管理人のフィーです!

今日の朝、話題になっている事件をまとめます!

それは、世界的有名アーティストのバンクシーの絵画がオークションで1億5000万円で落札された直後にバラバラに崩壊する事件が起きました!

そこでバンクシーとは一体どんなアーティストなのか?

作品や正体(顔)についてまとめました!

また、今回の絵画崩壊の理由について記載しました!

スポンサードリンク

バンクシーの正体(顔)が判明?

バンクシーとは一体どんな人物なのでしょうか?

バンクシーは匿名の世界的なアーティストで有名ですね!

彼は社会に何かを訴えるようなメッセージを街の壁に書いたりすることで表現していました!

しかし、そんなバンクシーの顔が明らかになりました!

そのきっかけは何だったのでしょうか?

実は彼は逮捕されたということで一時期話題の中心になっていました!

なぜ、逮捕されたのでしょうか?

それは…

理由がありませんでした!

というのも、逮捕されたという事実がネタでフィクションだったということがわかっています!

その時の写真が彼の顔だということです!

しかもその顔写真は本物だったそうです!

その顔写真がこちらです!

結構イケメンな気もしますね!

そんな彼の絵で本日事件が起きました!

一体どんな事件なのでしょうか?

スポンサードリンク

1億5000万円の絵がバラバラに?絵画崩壊の理由は?

そんな匿名アーティストのバンクシーですが…

本日、彼の絵をめぐって事件が起きました!

その事件は、一体どんな事件なのでしょうか?

それはあるオークションで起きました!

彼の描いた絵「赤い風船に手を伸ばす少女」が1億5000万円で落札されたときに額縁の仕掛けが動き出しシュレッダーでバラバラになってしまいました!

その場は騒然としましたが、これも作者であるバンクシーの演出?というよりイタズラだったようです!

すごいですね!

これにより、落札した人は「バンクシーに一杯食わされた」とコメントしているようです!

そんないたずら好きのバンクシーの絵はまだまだ値が上がりそうです!

まとめ

今回は匿名アーティストのバンクシーの絵画が崩壊した理由についてまとめました!

バンクシーの顔は公開されている!

絵画が崩壊した理由はバンクシーによるものだった!

以上が今回のまとめになります!

それでは次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする